咲-saku-

★★★☆☆ おもしろい店主の、新しくも古い食事処

saku
カレーラーメン
濃厚担々麺はなび南陽店の跡地に居抜きで開店されたお店です。老人の供給過多地域であり、苦戦した結果、1年半で撤退されました。新しいお店は、まだ看板もなく、手書きのメニューやPOPが壁に貼られ、手作り感があふれております。

決まったメニューはないようで、店主が日替わりで4~5種類ほど提供されています。毎日同じものを出すのも飽きるし、老若男女問わず食べに来てもらえるお店にしたいとの店主の意向で、ラーメンやつけ麺のみならず、丼やカレーなど、昭和の時代の食堂や食事処のようなメニュー展開です。

カレーラーメンを注文しました。中辛で、野菜の旨みがしっかりと染み出たカレースープです。あっさりとした味をしています。材料は、ほとんど溶けてしまっていますが、わずかに残ったにんじんがとてもいい味でした。中太の中華麺がカレーと馴染み、食べやすい味であります。

食後のデザートにヤクルトが付いてきます。店主によれば、これを選んだ意味は特になく、「おもしろいでしょ?」とのことです。このような世界観のお店を目指しておられるのでしょうか。ますますご発展されますことを祈念いたします。

場所

名古屋市港区小賀須四丁目611番地

0 件のコメント :

コメントを投稿